• <button id="giq8s"></button>








  •  金型の種類は、プレス型、ダイキャスト型、プラスチック型など色々ありますが、その金型製作加工の最終仕上げに磨き工程があります。

     近年、マシニング加工精度の発達などにより、磨き工程をしなくても品質の良い金型製品が出來るようになってきましたが、高精度、高品位を要求されるものも増え、磨き工程を省くことが出來ないのが現狀です。


    ▼金型の製作工程

     金型は、フライス加工?放電加工で形狀加工を行い、やすりや軸付砥石で形狀を整え、荒番手のスティック砥石(金型砥石)で表面のキズやうねりの除去をし、砥石粒度を徐々にあげて磨き作業を行い製作します。


    ▼プラスチック金型磨き作業の必要性

    ①磨き面の粗さがそのまま成型品に転寫される。

    樹脂を金型に流し込んで成型し、金型の形や粗さがそのままプラスチック製品になる為、とても重要な作業です。
    近年、鏡面を要求される製品が増加し、ダイヤモンドペースト磨きの下磨き用として細かい粒度の砥石が多く使われるようになりました。

    ②樹脂の流れや製品の離型時などの抵抗を少なくする。

    成形作業で樹脂を流し込み冷ました後、成型品を取り出すのですが、磨き作業をしなければ面が粗い為、樹脂の流れが悪くなり気泡が抜けず、成型品に不具合が起きます。
    また、型離れも悪く剝がれにくいので生産コストが上がります。

    ③美しく仕上げ、成型品の価値を高める。

    ①で述べたように、金型の面性狀がそのまま成形品の表面に転寫するので製品のツヤ、光の反射、色などに影響します。
    この事から、ツヤがあり鏡のように姿を映し出す価値観の高いプラスチック製品は、美しく磨かれた金型で成形される事が必要不可欠なのです。


    ▼金型砥石の選定

     一般的な砥石選定は砥粒、粒度、結合度の組み合わせが重要ですが、金型砥石は樹脂処理と粒度が作業性を左右します。樹脂処理をした砥石の砥粒はWAです。
    結合度は製品、及び処理方法により異なります。


    ▼研削油

    金型砥石専用オイル 『BLUE?。茫眨浴。伲?601』 を販売しております。


    製品一覧

    WA砥粒を使用したセラミック系の砥石で、最も一般的なものです。
    破砕性が良く発熱が少ないので、工作物と砥石の接觸面積が広い研削作業、高速度鋼?特殊鋼等の仕上げや軽研削に適しています。
    WA
    C砥粒を使用したセラミック系の砥石です。
    WA砥石より消耗が少なく、鋳物の研磨やプレス型の研磨に適しています。
    取扱い粒度は#2000までとなります。
    砥粒の中で最も硬度の高いGC砥粒を使用したセラミック系の砥石です。
    発熱が少ないので、発熱を嫌う材料の研削に向いています。
    超硬工具?超合金等の硬い材料の精密研削が可能です。
    GC
    中仕上げ、仕上げ用に開発されましたセラミック系の砥石です。
    砥石は若干摩耗しますが抜群の研削性を発揮します。
    乾式、濕式を問わずあらゆる金型用鋼材に適応できるオールラウンダーです。
    油性、水溶性オイルとの相性もよく、環境面にも配慮されておりますので、砥石自體には人體、環境に対し有害な物質をまったく含んでおりません。
    砥石の硬さは“L”(????)?“J”(???)の2種類です。
    YHZ (BLUE IMPULSE)
    WA砥石にメラミン樹脂を含有させ、WA砥石の利點を活かしたまま、耐摩耗性を兼ね備えたセラミック系砥石です。
    食い付き性を保ち、樹脂強度の保持力も適度にあるので、削り込んだときの研削性と脫落傾向のバランスが良好です。
    焼入れ材、放電加工材の加工変質層などの除去や、研削性を重視する硬い材料に優れた効果を発揮します。
    また、生鋼材や工具鋼鋼材の荒仕上げ~中仕上げにも適しています。
    砥石の硬さは“I”の1種類です。
    YHA
    WA砥石に汎用フェノール樹脂を含浸させた、荒仕上げ~中仕上げ用のセラミック系砥石です。
    樹脂強度が大きいので、リブ研磨などの砥石に荷重がかかる研削や、加工面が荒れている場合の研削でも折れにくく消耗も少なめです。
    乾式で使用できるものがあれば、という場合に向いています。
    砥石の硬さは“I”の1種類です。
    YHB
    WA砥石に高破砕性フェノール樹脂を含浸させた、荒仕上げ~中仕上げ用のセラミック系砥石で、YHシリーズでは最も強度のある商品です。
    機械加工後や放電加工材の加工変質層などに切り込みをかけて除去する場合や、面粗さを重視する場合は整った仕上り面となります。また砥石強度があるので、荷重をかけて粗取りする作業や小寸法の砥石作業では折れにくい特徴があります。ただし、乾式では目詰まりしやすいので濕式で御使用下さい。
    當社では「BLUE CUT」を推奨しています。
    砥石の硬さは、“L”(????)?“J”(??????)?“H”(???)の3種類です。
    YHB-T
    GC砥粒をフェノール樹脂ボンドで固めた砥石です。
    砥石自身が弾力性に富み、砥粒の食い込みが淺いので傷が入りにくく均一な仕上げが可能です。
    また、ビトリファイド系の砥石に比べて“きめ”が細かいので、表面精度や形狀精度を要求される場合等の仕上げ作業に適しています。
    焼入れ材や工具鋼鋼材等の中仕上げ~仕上げに向いています。
    砥石の硬さは“K”の1種類です。
    YHF
    WA砥石に硫黃を含浸させた砥石です。砥石の気孔壁面に硫黃を付著させることで金型の研磨傷を防ぐことができます。
    硫黃強度の保持力が適度にあるので、折れにくく作業性に優れています。
    また、硫黃の潤滑効果で金型面粗さが向上し、砥石の消耗をかなり防ぐことが出來ます。砥石の硬さは“I”の1種類です。
    (注意)可燃性固體の為、砥石の乾燥は必ず自然乾燥をして下さい?;馂膜卧颏趣胜辘蓼?。
    YHS


    金型の最終仕上げ、鏡面仕上げ用に開発されました樹脂系の砥石です。
    ソフトなタッチと適度な強度(木材片相當)からすばらしい光沢が得られます。
    ペーパーでは磨きづらいコーナーや溝などにも最適で、セラミック系砥石に比べて、5倍以上の光沢面が得られます。砥石は粒度別にカラーリングされていますので管理にも最適、安心して非鉄金屬の磨き加工にもご使用出來ます。
    砥石の硬さは硬口、軟口の2種類です。
    (注意)可燃性固體の為、砥石の乾燥は必ず自然乾燥をして下さい?;馂膜卧颏趣胜辘蓼?。

    取扱粒度は畫像を御參照ください。
    YTM


    PA(ピンクアランダム)砥粒を使用したセラミック系の砥石です。
    プレス金型などの研磨に乾式使用に最適です。

     ●粒度
      ?。#福埃ɑ氖松悉玻 。#保玻埃ㄖ惺松悉玻 。#玻玻埃ㄊ松悉玻?br>  ●標準寸法
      ?。保担埃保常怠 。保担埃玻担保啊 。保担埃玻担玻?/td>
    PA


    標準在庫品(粒度) ※PA,YTMを除く

    #80 #100 #120 #150 #180 #220 #240 #280 #320
    #400 #600 #800 #1000 #1200  #1500 #2000 #3000

    標準在庫品(寸法) ※PAを除く

    ?。保埃埃叮?/td> 100x13x3 100x13x5
    ?。保担埃叮?/td> 150x13x3 150x13x5 150x13x6




    金型仕上専用オイルとして、當社が研究開発した低揮発性の金型加工用オイルで、主に4つの優れた特長があります。
     ①優れた加工安定性
      不水溶性オイルでありながら低粘度を実現、切り粉の分散を助けガジリや傷を防止します。また、使用後の洗浄、拭き取り性も良好です。
     ②良好な防錆、耐腐食性
      溶剤で拭き取った後でもある程度の防錆効果が得られます。また、アルミ、真鍮、銅など非鉄金屬との反応がありません。
     ③環境に配慮した安全性
      環境にやさしい非溶剤系オイルでPRTR法及び労働安全衛生法の指定する化學物質を一切含まない安全なオイルです。従ってイヤな臭いがなく肌荒れやかぶれもない微香性のオイルに仕上がっています。
     ④多岐にわたる適応性
      YS-601は砥石、ペーパー、ダイヤモンドペーストなどその使用範囲が極めて広く、安心してご使用いただけるオイルです。

    ※注意事項
    1. 人やペット、食品には使用しないでください。
    2. ご使用時には、保護メガネや手袋を著用してください。
    3. 目に入った場合は、すぐに流水で15分以上洗い流し速やかに眼科醫の診斷を受けてください。
    4.引火性液體の為、取扱いにご注意下さい?;馂膜卧颏趣胜辘蓼?。
     又、含浸した砥石の乾燥は、必ず自然乾燥してください。

     BLUE CUT YS-601
    內容量
    250ml?。担埃癿l(畫像參照)
    1000ml





    你懂的图片_内衣办公室动漫_南瓜影视_男自慰网站gv